EMSの仕組み

エステサロンでの部分痩せには、マシンを使ったEMSというマシンを使ったダイエット法があります。元々筋肉は電気で動くようになっています。そしてこの電気を、機械で人工的に流し、筋肉を動かすという方法で太もも痩せなどの部分痩せを行うのがEMSなのです。このEMSは、本来リハビリ用に開発されたものですが、アスリートの筋肉強化などにも使われ、それがダイエットにも応用されているのです。

EMSでは、筋肉を付けることでなぜダイエットが可能となるのでしょう。ダイエットの基本は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。いくら食事制限をしても、消費カロリーが低ければダイエットにはなりません。逆に食事制限をしなくても、消費カロリーが多ければ、自然と脂肪は落ちていくのです。

つまり、筋肉を付けることで代謝を上げようというのが、このEMSの原理となります。無理な食事制限をすると、筋肉が細くなっていき、消費できるカロリーも少なくなっていきます。そして、どんどんと痩せにくい体質になっていくのです。同じ運動をしても、筋肉量が多い人のほうが消費するカロリーは多くなるわけですから、ダイエットにはある程度の筋肉量が必要となるのです。この筋肉量をマシンを使って無理なく増やすのがEMSということなのです。